一人暮らしの生活費を使い果たす

実際に俺もやばかった時があった。会社の帰りに飲みに行って、かなり酔っぱらって終電なくなっちゃったから、タクシーで帰ったんだよ。そしたらすげー金額いっちゃって、一人暮らしの生活費の中の数少ない小遣いの部分を使い果たして、それから昼代も削ってなんとかギリギリ給料まで粘りきれたからよかったけど。一人暮らしの生活費のとこで定期代を入れなかったけど、あれを入れると実質自由に出来るのは4万円くらいしかない計算になる。

一人暮らしの生活費の為に働く

そんなに少なくなっちゃうんだ、そこから貯金なんかしたら、スーツやワイシャツ、自分の服なんて買えないね。一人暮らしの生活費の為に働いてるってのも、間違ってはいないか。あっ、そうそう重要な事を忘れてたけど、住民税が加わるから3万くらいになっちゃうはず。そういえば、そんなのあったね。実家に住んでると、一人暮らしの生活費の負担がないから住民税を払ってても忘れてた。それで小遣い分が大きく減ってないから気にならないし。

一人暮らしの生活費の実感が湧く

だけど俺も引越したら、その負担分が大きくのしかかってくるんだろうな。そう思うぜ、多いときの1万と少ないときの1万では、その意味が大きく違ってくるからな。一人暮らしの生活費は固定費を少なく抑えないと、いくら節約しても何かあった時に対処しきれなくなる。家賃はなるべく安いところにした方がいいと思うよ。一人暮らしの生活費を想定しながらやるんなら、最初の2ヶ月くらいを俺と同じ家賃設定にしてみたら、実感が湧くんじゃないかな。

Copyright 一人暮らしの生活費と友人の忠告 2013