一人暮らしの生活費は週末が正念場

最初の週末を迎える。平日は夜遅くまで働いてるから、そんなにお金を使うタイミングがない。一人暮らしの生活費を引かれてるから、余計に会社の行き帰りには気を使ってる。正念場がくるのはこの週末だろう。幸いにも友人と遊ぶ約束はしてないので、大丈夫だろうとは思うが。この一人暮らしの生活費のシュミレーションが、のちのちの人生に好影響を与えるのは間違いないから、なるべくなら最初に設定したこの金額でやり通したいと思う。

一人暮らしの生活費として用意しておく

やっぱりと言うべきか、土曜になって遊びの誘いがきた。まさか一人暮らしの生活費のシュミレーションをしてるから遊べない、なんて断り方は出来ないので快諾する。午後からだったので昼飯代はかからない、その日はカラオケに行ったので、それほど支出はなかったんだけど、夕食はもちろん外食。一人暮らしの生活費として3万までは食事用に準備してあるが、一気に2000円近くふっとんだ。これが昼からだったら、ギリギリになるんじゃないか。

一人暮らしの生活費の中に組み込んでない

でもまぁこのくらいなら、予算内の収まるだろう。ところが来月に友人や会社の同僚の結婚式が2つも入ってしまった。これはやばい、一人暮らしの生活費の中には組み込んでないので、小遣いの部分だけではギリギリで、自分の使えるお金はほぼ0になる。こういうイレギュラーが発生すると、あっさりと崩壊してしまう。この一人暮らしの生活費の設定には無理がある。友人の言ってた事は本当だった。このスタイルは絶対に私には向かないので変更する。

Copyright 一人暮らしの生活費と友人の忠告 2013